アンバスケード/戦闘/170110

Last-modified: 2017-02-11 (土) 00:29:18

2017.01.10 Edit

アンバスケード大典1章-アンバスケード・エキスパート Edit

敵名称Bozzetto Freyja、Bozzetto Frigg、Bozzeto Skathi
種族獣人類メドゥーサ族、ラミア族
備考
使用技
名称範囲効果備考
シャドウスラスト単体物理ダメージ1枚メドゥーサ族(Freyja,Skathi)が使用
テールスラップ自身中心範囲物理ダメージ+スタン複数
ペトリファクション前方範囲(?)
+視線判定
石化+ヘイトダウン?貫通
天の羽羽矢対象中心範囲物理ダメージ+バインド複数
石火矢前方範囲物理ダメージ複数
産強石のダンス自身中心範囲
+視線判定
テラー(短時間)+ヘイトダウン?貫通Freyjaのみ使用
視線判定:Freyjaを見ていなければ無効
インペーリングディスリガード自身中心範囲
+無視判定
石化+死の宣告(5カウント)貫通Freyja,Skathiのみ使用
無視判定:Freyja(Skathi)を見ていれば無効
天の返矢前方範囲
石化(短時間)+ヘイトリセット貫通?Skathi(HP半分以下)のみ使用
使用魔法
使用しない。
お供について
お供の最初のターゲットは後衛なので盾役は素早くヘイトアビを使用してタゲを集め、視線を合わせること。
  • Bozzetto Skathi(メドゥーサ族)ボスよりもやや小さい
    • 全方位視線範囲の猛毒+石化技(産毒石のダンス)を使用する。
    • 遠隔持ち。イーグルアイを使う。
    • その他テールスラップ/ペトリファクション/シャドウスラスト/天の羽羽矢/石火矢使用。
    • ヘイトダウン技が多い。天の返矢(リセット)/ペトリファクション/石火矢/産毒石のダンス?
  • Bozzetto Frigg(ラミア族)
    • 全方位視線範囲の魅了技(ラクスバラディダンス)を使用する。範囲広い。
      むず以下ではHPをある程度減らさないと使用しないが、とてむずでは最初から解禁されている。
      とてやさでHP50%以下から。
    • 遠隔攻撃は行わないが、イーグルアイを使う。
    • ヘイトダウン技はない模様。
 

特徴

  • 感知範囲が広めなので、初期位置から前に動くとすぐ反応される点に注意
  • 難易度でお供の数は変動しない
  • タゲ持ちが一定時間視線を外しているとモヤのエフェクトが出る
  • エフェクトが出ている場合、タゲ持ちがしばらく視線を合わせていればエフェクトは消える
  • 難易度が上がるとエフェクトが出るまでの時間が短くなる模様
  • エフェクトが出ている間はヘイトが上がらない?このためか一旦エフェクトが出ると立て直しが難しい
  • イーグルアイを複数回使用する
    お供も同時に使用する。
  • Bozzetto Freyja>Bozzetto Skathi>Bozzeto Friggの順に倒さないと何度でも雑魚が沸く?
  • Freyjaを倒すとSkathi/Friggが強くなる?少なくとも上の順で倒すと後者の2体の方が必要命中が高い
  • 近接以上の距離から魔法を当てると全体引き寄せが来る時がある

戦闘報告

  • 盾はこの陣形を素早く。開幕ヘイト上げまくってあとは視線に集中。ヒーラーのストナ速度頼み。ナはオハンでいい。
    □▼□
    ▼□▼
    □盾□
  • ナか狩狩コ白。ナが絡まれ釣り開始、Friggをリジェネ>防御と盛った白兵マトンで抜き、Freyja、Skathiとは大きく引き離して維持(放置)。ナ以外は魔法射程ギリギリで、白かコがストナ重点でナを維持しつつ狩がFreyja→Skathi→Friggの順に落とす(Friggはマトン盾のまま削る)。
    タゲが動いたら削りを止めて立て直しを優先。まずナイトの状態異常(石・毒)を回復し、全員が剥がれた敵から視線を外さないようにして、ナがタゲを取って元の位置に連れ戻すのを待つ。

アンバスケード大典2章-アンバスケード Edit

敵名称Goes
種族アモルフ類フラン族
備考
使用技
名称範囲効果備考
槍玉単体物理ダメージ5枚
鎌かけ前方範囲物理ダメージ複数
罵詈雑言前方範囲命中率ダウン+魔法命中率ダウン貫通
グッシュ・オ・グー自己中心範囲ダメージ+装備変更不可(15秒)貫通
使用魔法
ストンガII〜III、ウォタガII〜III、ブリザガII〜III、ウォタジャ、ブリザジャ
お供について
呼ばない。
 

特徴

  • 頭にトゲトゲが発生することがある。
  • 弱体フィールドあり
    • 「スロウ・回避率ダウン・防御力ダウン」のときは魔法が通りやすい
    • 「魔法防御力ダウン・魔法回避率ダウン・アドル」のときは物理が通りやすい
    • 物理・魔法の与ダメージが偏ると発生
  • ダメージボーナスモード
    • 物理・魔法の与ダメージが大幅に増加する
    • 発生すると強化アイコンにHP・MP・TPのスフィア効果として現れる
    • 物理・魔法の与ダメージを同量蓄積すると発生
      • レクイエスカットを連打する。オートアタックと無属性WSでバランス(無属性が魔法扱い)
      • 連携にMBを加える。物理WS・連携・MBダメージでバランス
      • 無想無念。無属性オートアタックと物理WSでバランス
      • 物理WS・魔法WSでバランス(ペットも可)
    • 戦闘開始から1分後に判定

戦闘報告